女性

健康生活の強い味方です

飲料

沢山の種類があります

少し前までは、青汁は「苦い」「まずい」などと言われていましたが、最近では全く苦みも青臭さもない飲みやすい製品がほとんどです。野菜が不足している人に良くお勧めされますが、具体的にはどのようなもので、どんな効果があるのでしょうか。以前はケールを原材料にしたものが主流でしたが、最近ではそれ以外のものを主原料にしたものも、多く出回っています。例えば明日葉や大麦若葉などです。主原料にしている野菜の種類で含まれる栄養素は変わり、ビタミン類が豊富なものや食物繊維が多いもの、またベータカロチンが含まれていたりと様々です。自分にはどんな栄養素が不足しているのか、また積極的に摂りたい栄養素がある場合には、様々な種類がある青汁はありがたい製品です。

成分は製品により様々です

ケールを主原料にしている場合は、ケールがビタミンCやベータカロチンを多く含んでいるため、アンチエイジングに興味のある人に向いている製品です。これらの栄養素は抗酸化作用を持つので、内臓の老化を抑えてくれる働きがあります。またケールにはメラトニンという成分が豊富に含まれていることから、質の良い睡眠をとりたいと考えている人にも向いています。大麦若葉を原料とした青汁は、ケールよりも苦みが少なく飲みやすいのが特徴です。今注目されているSOD酵素が含まれており、これは非常に強力な抗酸化作用を持っています。ですので、美肌や美白などの美容に関心の高い人に人気があるようです。明日葉を原料とした青汁には、明日葉だけに含まれているカルコンという成分がとれることで人気があります。これは老廃物を流してくれる作用があるので、デトックスしたい人が愛用しているようです。このように日々健康に過ごしたい人には、手軽にほしい栄養素が摂取できる青汁は、大変魅力がある製品だと言えます。